③ネック製作(指板など)

今回は指板について書きます。

使用する指板はヤフオクで購入した紫檀です。

ボディがストラトではあまり使用しないマホガニーなのです、指板も遊んでみようと思い、白太を入れたまま指板に使用してみます。

接着時に指板がズレないように、1Fと20Fあたりに釘を打っておきます。
ネック、指板共にしっかりタイトボンドを塗って張り合わせます。
貼り合わせ用のジグも作った方がいいなと思い始めてます。
貼り合わせたあとは、トリマーで外周を整えます。
指板に3mmの刃でナットの溝を掘ります。

今回は22F仕様にして、トラスロッドホイールを使用しますので、ホイール用の加工をします。

大体このへんかなというところにあたりを付けて、トリマーでカットします。

いい感じに加工ができました

ポジションマークは白蝶貝を使います。

しっかりセンターを出して、穴を開けていきます。

出っ張ったところは、ある程度までヤスリで削ります。
お手製のヤスリがけ装置で、面を整えます。

サイドポジションはルミンレイを使用します。

暗いステージで光ってくれるので便利ですが、とにかく高い・・・

ハードウェアはゴールドを予定しているので、フレットはジェスカーのEVOを使用してみます。

結構ゆるめだったので、今回は瞬間接着剤を使って固定しています。

ヘッド側の加工をしています。後で気づくのですが、ナットからヘッド側の指板を残しすぎました。

ネットからヘッド側にかけて10mmくらい残ってます。これだと6弦がちょっと当たっちゃうんですよね。

ひとまず、塗装前の段階までは加工終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。