③トラスロッド用の溝を掘る

ネックにトラスロッドを仕込んでいきます。

いつも使用しているのはギターワークスのヴィンテージタイプです。

一度ダブルのストレート掘りで済むトラスロッドを使ってみたことがありますが、構造的に順反りしない仕組みで、トラスロッドを仕込む際にネックに負荷をかけられないのが、好みでなかった(ある程度ネックに負荷をかけないと、音に張りが出ないと思っています)ので、よっぽどの理由がない限りはヴィンテージタイプを使っていきたいと思います。

まずはナットのあたりを基準に位置決めをします。

位置が決まりました

トラスロッドを掘るための型を作ってあるので、らくちんです。

7フレットを一番深く掘るようにしています。

あとは5mmの刃を付けて、トリマーで数回に分けて溝を掘っていきます。

トラスロッドがキレイに収まるように溝が掘れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。