②トップ材を貼ってfホールを作る

トップ材を貼り付ける前に、位置決めをしておきます。

今回はスポルテッドメイプルを貼ります。

なかなかいい位置におさめるのは難しいですね。

スポルテッドメイプル
トップ材を貼り付けて、各キャビティの穴を整えていきます。

ここまではいつものテレキャスの加工ですが、今回はシンラインなので、fホールを作らなければいけません。

さてどうしたものか。

いつものようにMDFをレーザーでカットしてもらうのが一番ですが、お金もかかるので、今回は厚紙を使って、型を自作しようと思います。

幸いにして、カッティングプロッターを持っていますので、イラレでfホールを描いて、厚紙(ケント紙)を切り出していきます。

普段、使う機会は少ないのですが、あると本当に助かります。
こんな感じで何枚もカットしていきます。
余分な部分を取り除くと、こうなります。コイツを重ねて貼り付け、型にします。
fホールの位置決めでをします。 ピックガードの形がイマイチですね・・・・
のりで積層した型です。 意外とシッカリしてる!
fホールテンプレート
ボディに貼り付けて、トリマーで加工していきます。
キレイに穴が開きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。