⑥ネックにトラスロッドを埋め込む

ネックにトラスロッド用のテンプレートを付けて、溝を掘っていきます。
テンプレートは、トリマーガイドに合わせて作っておきます。
7フレット部分を一番深く掘れるように、湾曲させて取り付けます。

少しずつ何度も往復させて、目標の深さまで掘っていきます。
7フレット部分で13mmになるようにしています。

ストッパー金具用の溝も掘りました。

次にヘッドの落とし込み加工です。

6mmほど落とし込みました。

トラスロッドのナット穴を貫通させます。
ここは毎回しっかり計測して、慎重に作業します。

トラスロッドの埋木を作ります。
私はアイモクで一番グレードの低いメイプル指板材を5.2mmに加工してもらって、そこから切り出しています。

キレイに収まりましたので接着していきます。

タイトボンドをしっかり塗って、クランプで止めて24時間以上置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。