②外周のトリマー加工と、キャビティ加工

切り出したボディの外周をトリミングしていきます。
刃の寿命を伸ばすのとチップ予防に、削るのは1mmくらいにおさえたいです。

気をつけて作業しても、接着したあたりはどうしても薄くなるので剥がれちゃいますね。
ライトアッシュなので仕方ないですが。

外周がトリミングできたら、ピックアップとコントロールキャビティの作業です。
フォスナービットを使ってガシガシ削っていきます。

ジャズマスターはかなり肉抜きしますね。

ここまできたら、トリマーでテンプレートに沿って整えていきます。

キレイにキャビティ加工できました。
結構削ったので、重量もだいぶ軽くなりました。

次にブリッジポスト用の穴を空けます。

ネックポケットもテンプレートを当てて、削っていきます。
ジャズマスターはストラトやテレキャスに比べると浅いようです。
今回は13.5mmで作りました。

キャビティ関係の加工が完了しました。
次回は外周やコンター加工をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。