②端材でピックガード加工

ピックガードも端材?を使っていきます。

私はこの板を何に使おうと思って買ったのか思い出せないのですが、なぜかずっと工房に存在していた杉の瘤板。

サイズ的にはギリギリピックガードが作れそうです。

ある程度厚みを整えて、ピックガードの型を乗せてみます。

本当にギリギリでした。

ここから切り出していきます。

なかなかそれっぽく見えます。どんな材でも取っておくもんですね。

しかし、杉のニオイなのかこの材だからなのかはわからないのですが、とにかくおばあちゃんの鏡台クサイ。

独特の香りのする材でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。