続・ジェネリックルミンレイを作ってみる

前回、UVレジンでジェネリックルミンレイを作ってみましたが、気泡が入ってしまったり、少し透けるような質感で、もう少し色を白く、気泡が入らないように作れないかなと思っていたので、改良してみます。

また、今回はサイドポジション用に、黒枠をつけて作ってみました。

用意したのはこちら。

・NISSIN RESIN ホビーキャストNX ホワイト
・3mm、内径2mmの黒いチューブ(樹脂パイプは探しても売っていなかったのでナイロンチューブにしました)
・シリンジ
・紙コップ
・蓄光パウダー
・6mmポジションマークから型取りしたシリコン型
・紙コップ
・デジタル秤
・熱収縮チューブ

まずはシリンジに熱収縮チューブとナイロンチューブをつけて、ライターなどであぶり、レジンを吸い上げた時に空気が入らないようにしておきます。

準備ができたら、レジンのA液を計量(今回は5mlで作ってます)し、そこにレジンパウダー1gを投入、B液を入れる前に混ぜておきます。(先に混ぜておかないと気泡が出てしまいます)


しっかり混ざったら、B液を投入(5ml)し、泡が出ないようにゆっくりしっかり混ぜていきます。
固まり始めると、結構一瞬で吸い上げられない粘度になってしまうのでタイミングが難しいです。
なので、ゆるいうちに6mmの方にレジン液を流していきます。

少し粘度が出てきたところで、予め作っておいたチューブをシリンジに被せて、空気が入らないように紙コップの中から、チューブの中にレジンを吸い上げていきます。

きっちりチューブの中にレジンを入れることができました。

硬化したら、発光確認してみます。

バッチリですね。
前回のUVレジンを使うよりも白さが出て、気泡も入らず、結果に満足です。

ただ、硬化のタイミングを見極めるのが難しく、短く何本も作るよりは、もっと長い状態のチューブに一気に吸い上げて後で切り分けた方がよさそうです。

シリコンもレジンも、一回買ってしまえば、かなりの量を作れるので、ジェネリックルミンレイ、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。