①テンプレート作りとボディの切り出し

最近気になるギター、ジャズマスター作りに調整してみようと思います。
ですが、実はジャズマスターを弾いたことがありません。
手に持ったこともないジャズマスターを作るというのも面白いかもしれないので、このままネット上の情報を頼りに作ってみることにします。
まずはテンプレート作りから。
インターネット上を検索しまくって、情報収集して、なんとか形にできました。
ネットって本当にすごいですね。


例によってレーザーカッターでMDFを切り出していきます。

切り出し完了です。

ネックと合わせて、この時点でもまあまあジャズマスターですね。
毎回型ができるとワクワクします。

ジャズマスターといえば、アルダーかなとも思いましたが、今回ボディはライトアッシュを使おうと思います。
ライトアッシュが好きなんです。

無事に型は切り出せましたが、型をボディに当ててみると、材の長さが足りないことが発覚!
なので、上から材を切ってお尻に接着して延長することにします。

ここから切り出します。

サンバーストで黒く塗られる部分なので、これで問題なしです。

しっかりクランプして接着します。

接着できました。

本当にギリギリで収まる感じです。

バンドソーで切り出しました。

今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。