②ボディ加工いろいろ

ボディを切り出して、ピックアップキャビティを掘ります。

フォスナービットで大まかに削ったあとにトリマーで仕上げます。

今回はHHレイアウトで製作しています。

個人的にコンター加工はとても楽しいです。

フリーハンドで腕を当てながら、カンナで気持ちのよい当たり具合になるまで削っていきました。

ボディ裏側はおおよその形を描いてから、ノコギリで切れ目を入れて、ノミで叩いて形を削っていきます。

ノミのあとは、ノコヤスリで仕上げていきます。
コントロールのキャビティもピックアップキャビティ同様テンプレートに沿ってくり抜きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。