⑤ネック製作 指板接着まで

ネックのシェイプを作っていきます。

まず1F、12Fの場所に目標の切り込みを入れ、それを基準にバンドソーで大まかな厚さを削ります。

1Fで17.5mm、12Fで19.5mmの厚さを基準としています。

センターと指板側(指板から5mm)にマスキングテープを貼って、このマスキングテープ部分は削らないように、削っていきます。

削りに使うのはノコヤスリです。

気持ちよくガリガリ削れていきます。

おおよその形に削り出せました。

次にヘッドの落とし込みをします。

6mmほど落としました。

次にトラスロッドが通る穴を空けます。

私はいつも10mmを使います。

キレイに穴が空いたら、トラスロッドを埋める埋木を作ります。

MDFで型を作ったので、この型に沿って、削っていきます。

キレイに収まりそうです。

埋木ができたら、カンナで整え、更にしっかりストレートを出していきます。

ここでしっかりストレートを出せないと、ギターを組み立てた時に、ちゃんと音が出なくなるので、納得いくまで何度もチェックします。

今回指板もメイプルを使います。

Stewmacのテンプレートを使用して、テーブルソーで3.5mmの溝を切っていきます。

バッチリ溝が切れました。

ネックの形に合わせて、大まかにバンドソーで形を整えます。

ナット溝は3mm幅の刃を使って作ります。

ずれやすいので慎重に削ります。

ナット溝も切れました。

今回はツバ出しの22Fで作りますので、エンド側は少し余裕を持って残しておきます。

ホイールを取り付ける予定なので、ホイール部分を描いておきます。

位置合わせをしたらしっかり貼り付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。