⑥ネックシェイプ整形とトラスロッド埋め込み

一度ストレート溝を掘るタイプのトラスロッドを使ってみましたが、どうも弾き心地も音も好みではありませんでした(ネックに硬い芯が入ってるなって感じがして、ダンエレクトロを弾いてるような感覚)ので、以降は昔ながらのたわませて仕込むタイプのトラスロッドを使っています。

トラスロッドはいつものギターワークス製。

ナットのあたりを基準に埋め込む位置を出していきます。

位置が決まったらマーキングをしてトラスロッド溝用の型を取り付けます。

トリマーにテンプレートガイドを取り付け、5mmの溝を掘っていきます。
基本は一番深い部分で13mmになるように調整します。

溝が掘れました。
先端とボディ側のワッシャー用の溝も掘ります。

いい感じに収まりそうです。

トラスロッドを埋める前に、グリップ部分を削っていきます。
1フレットと12フレットを基準にザックリ厚み調整をします。
1フレットで指板面から17.5mm、12フレットで19.5mmの厚さになるように切れ込みを入れて、ここをつなぐように、バンドソーで削いでいきます。

センターにマスキングテープを貼って、基準を作ります。
まずここは削らずに整えていきます。

みなさん西洋カンナを使ってる事が多いですが、私はほぼノコヤスリ一本で削っていきます。

それっぽい形になってきました。

次にヘッドの落とし込み加工をします。6mmほど削ります。

最後にトラスロッドのナットを入れる穴を空けます。
今回掘った溝に合わせると、指板面から7.3mm部分に10mmの穴を空けます。

キレイにトラスロッドが収まりました。

次にトラスロッド用の埋木を作ります。
これもテンプレートを作ってあるので、テンプレートに沿って削っていきます。

溝にキッチリハマりました。

タイトボンドをしっかり塗ってクランプしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。