私はとにかくサンバーストが好きなようで、どんなギター作る時でもついサンバーストにしてしまいます。

ネットで着色の方法について調べると、木に直接布などでぼかしながらサンバーストにしていく方法を散見するのですが、失敗しそうで恐ろしいので、私はサンディングシーラーを塗った後に、プラモデル用のエアブラシで描いていくとこにします。

サイドにマスキングをして、バインディングの上まで黒を塗装します。

サンバーストの中間色はクリアブラウンを使用しました。

塗装が乾いたら、スクレーパーで削ってバインディング部分を露出させます。

ちょっとパーツを乗っけてみてるあたり、我ながら子供っぽいなと思います。

今度はバインディング部分にマスキングをして、サイドとバックを黒に塗装します。

↓の画像ではすでにサンディングシーラーを塗っています。

ちょっと塗料の濃度が濃い気がしますね。
若干ヴィンテージ感を出したかったので、クリアに微量のクリアオレンジを混ぜて、少し焼けた色にしています。
ネックも同様にクリアオレンジを混ぜて塗っています。
トラスロッドの溝をごまかすために、黒く塗ったら、多少は気にならなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。