③キャビティ配線穴あけとステイン着色

キャビティに配線穴を開けていきます。

ジャック穴に抜ける配線は簡単です。

次は、ブリッジにつながるアースの穴ですが、この角度が意外と難しいです。

正直に言うと失敗してしまいました・・・・

キャビティから裏面まで抜ける穴を開けるのですが・・・・・
こんなところに貫通させてしまった・・・

まあ、ここからでも特に問題ないので、このまま使うことにします。

次にボディの着色をします。

アッシュは以前作ったテレキャスで経験済みですが、着色でかなり失敗したので、今回はとの粉を使わない方法でやってみたいと思います。

テレキャスでは

①との粉で導管を埋める

②ステインで着色

③サンディングシーラー

という順番で着色をしましたが、この方法だと、どうしてもムラができてしまったり、サンディングシーラーを塗った時に、ステインが流れてしまったりで、仕上がりに不満がありました。

なので、今回は

①ステインで着色

②目止め剤でしっかりと導管を埋める

③サンディングシーラー

という順番にしてみます。

使うステインはポアーステインのゴールデンイエローです。

ステインは少しだけ薄めて、筆で塗っていきます。

アッシュはぐんぐん色を吸い込んでいきますね。

ポアーステインで着色
キレイに着色できました。

次回はここからマルチフィラーを塗って、導管を埋めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。