個人的に突板が大好きです。

数千円で何万円もするトップ材と同じ高級感が得られるので、ギター自作する人は是非突板を試してみて欲しいと思っています。

今回の突板はカーリーメイプルです。

ツキ板屋GIFU

で購入しました。

8,000円ほどしますが、ストラトやテレキャスのサイズなら2台作れるサイズなので、実質4000円ほどで、素晴らしい杢目が手に入ります。

ギターに貼る前に丸まった突板を伸ばしていきます。

突板を押さえておく板を用意しておきます。

霧吹きで突板に水を吹くと柔らかくなってきますので、10分くらい板で押さえて突板を平らにします。

待っている間、ギターの外周にマスキングテープを貼っていきます。接着剤がはみ出て、ボディを汚さないようにするためです。
10分後、キレイに平らにクセがつきました。

突板の接着には、突板貼り専用のコニシボンドCH7を使用します。

ヘラで全体にまんべんなく接着剤を塗ります。
突板の裏側にもしっかり接着剤を塗ります。

しっかりセンターを合わせて、アイロンで圧着していきます。

あて布を当てないと、突板が焦げてしまうので、必ずあて布の上からアイロンをかけます。

真ん中から外側に向けて、空気を押し出すようにしっかりシワを伸ばします。(突板が水分を吸ってシワができます)

ここでシワをシッカリ伸ばしておかないと、着色した時に色が溜まって汚くなりますし、磨いた時に、凸部分だけ削れてしまって、突板に穴が空いてしまいます。

キレイに貼れたら、外周を切って整えていきます。
カーリーメイプルの突板
各部穴を開けるとギターのボディらしくなりました。 美しい!

突板が浮かないようにしっかり乾燥させたら着色に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。